2006年02月02日

「THE 有頂天ホテル」

THE 有頂天ホテル
http://www.uchoten.com/

悪い意味のドキドキ・ハラハラがなく、心から楽しめる映画だったな。やっぱり三谷幸喜はすごいと思った。

豪華キャストが勢ぞろいで、それぞれのストーリーが巧妙に絡み合っているんだけれど、一人だけストーリー進行上いらないのがいたな。探偵の格好をしているやつ。


posted by yknb at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | え_映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

暖かい映画「博士の愛した数式」

博士の愛した数式
http://hakase-movie.com/

日本人の心というのだろうか、脈々と引き継がれているやさしさを感じる映画だった。おススメ。

原作ではそんなに具体的に描写されていなかった義姉と博士の関係がちょっと違和感があった。原作では、中盤から終盤あたりで家政婦がふとした拍子にその関係をなんとなく知ってしまうのだったが、映画では、いきなり序盤で具体的にその関係を前面に押し出してくる。この物語全体にあるゆるやかさとは反する感じがしてちょっと違和感があった。
しかも、義姉役は浅丘ルリ子。この物語にしては、艶気ありすぎで、浮いていた。




posted by yknb at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | え_映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。