2006年03月28日

プリンケツプリンケツ

スク水を着て技巧的なダンスを踊るユニット。
まずは、Google Video でその様子を。

funny japan people - Google Video
http://video.google.com/videoplay?docid=653347287072274213&q=japan

記事を探したら、いろんなところで紹介されてた。

Onakaitai.com: プリンケツプリンケツ
http://www.onakaitai.com/archives/2005/05/post_43.html
他のダンサーたちと毛色は違い、パフォーマーの色合いが強い。単純に、観てて面白いからファンになっちゃった。特に僕のようなテクニックがどうこうとか、このスタイルが今流行ってるとか知らない人間にも直で届くユルさがよろしいわぁ。
【体育】スク水ダンスユニット「プリンケツ・プリンケツ」のおにいさんたちの華麗なるダンス|コロコロザイーガ
http://ameblo.jp/korokorozaeega/entry-10008147019.html
このおにいさんたち

見た目は色モノだけど
ダンスの方は基礎もしっかりしているし
腰の入り方なんかも
結構熟達しているんじゃないかな?
悲しいことに、メンバーのうちの一人に不幸があったそうです。

大阪ダンスストリートODS
http://ytstudio.com/ODS/club3.html
まずは悲しいお知らせがあってびっくりしたのですが、プリンケツプリンケツの AKITOさんが26日にお亡くなりになったとのご報告がありました。謹んで心よりご冥福をお祈りしたいと思います。


posted by yknb at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | あ_アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

スネークマンショーを調べてみる。

高校時代にTMOに傾倒していたときに、その関連で知った「スネークマンショー」
そのまま、ラジオヘブンとスネークマンズロックショーに流れてったな。

こなさん、みんばんわ!!
ジャパニーズ・ジェントルマン・スタンダップ・プリーズ!!
急いで口で吸え!!
ここにサインしろ!!
ホテルニュー越谷!!
ぬるぬるの湿地帯!!

などなど、思い出すだけで笑えるネタが一杯。

YMO周辺〜Part 1 スネークマン症候群 - [テクノポップ]All About
http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/closeup/CU20011114/index.htm
スネークマン・ショーの面白さを活字で表すのは無駄な事かも知れません。シュールであったりブラックであったりエロティックであったり。でも表現の限界を感じます。スネークマン・ショーは、桑原茂一、小林克也、伊武雅刀の3人による「選曲の妙がある尖がった音楽」と「その間に挟み込まれたギャグ」からなるショーです。


HMV Japan - もはや伝説。スネークマンショ−遂に再発!!
http://www.hmv.co.jp/news/newsDetail.asp?newsnum=309290042&category=1&genre=100&style=0&pagenum=1

[教えて!goo] スネークマンショーって?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=721797

スネークマンショー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC

Internet Archive Wayback Machine
http://web.archive.org/web/*/www.snakemanshow.com/
オフィシャルサイトのネットアーカイブ

犬に咥えさせろ!: スネークマン・ショー バックナンバー
http://legrandbleu.cocolog-nifty.com/version2/cat2012911/index.html
ブログで紹介しているところ。





posted by yknb at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | あ_アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

タモリ関連

立て続けにタモリネタを見つけたのでメモ。

タモリのたとえリスト - てれびな!
http://www.televina.com/list/tamori_tatoe_list.html

Fresh News Delivery - タモリが料理上手になったわけ
http://news.videoboys.tv/index.php?itemid=2052

タモリの生活
http://www.ginzado.ne.jp/~tamoleon/cafe/tamori/tamori_life.htm


posted by yknb at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | あ_アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

超絶技巧ギターとハイトーンだけれど力強いボーカルの森広隆

ライブで超絶技巧ギターとハイトーンだけれど力強いボーカルを聴いて以来のファン。
最近追っかけていなかったので調べてみる。

森広隆 Official Home Page
http://www.fujipacific.com/mori/index2.html

森 広隆 アーティストトップ ワーナーミュージック・ジャパン - Warner Music Japan
http://wmg.jp/artist/morihirotaka/index.html
1976年3月9日鹿児島県生まれ。B型。中、高校時代を岡山で過ごし、1994年上京。1996年バンドを結成し、曲作りとヴォーカル・ギターを担当。ライブを中心に活動するも、再びソロになり作詞・作曲・アレンジに専念する。制作したデモテープを株式会社フジパシフィック音楽出版に送り、その才能を見出され、瞬く間に音楽関係者の間で評判になる。2001年、ワーナーミュージック・ジャパンと契約。


Best Selection 2002年
http://www.h7.dion.ne.jp/~musiclab/column/best2002.htm
2位以下、森広隆の「ゼロ地点」やAIRの「Last Dance」、そして小林建樹の「REPLAY」など、おそらく、今後も長く、時々はCDラックからCDを出してきては聴き続けるであろうナンバーが並びました。
この人と同感。

思考のスクラップ : 森広隆   『Rainbow Seeker』
http://uetayun.exblog.jp/2085577/
ここの記事によると、リップスライムの2ndアルバムに参加しているらしい。

HMV.co.jp - Rip Slyme - Tokyo Classic
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=670491



posted by yknb at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | あ_アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

TOMATO CUBE は今何を

ワーナーの南青山的13曲とかなんとかいうコンピレーションアルバムで知ったバンド。
伸びやかな声がとてもよかった。ライブも観たけれど、ホントに涙が出そうになった。

TOMATO CUBE / トマトキューブ アーティストトップ ワーナーミュージック・ジャパン - Warner Music Japan
http://wmg.jp/artist/tomato_cube/

明日のレシピ。: 2005年10月
"TOMATO CUBEって今活動してんですかぁー??"
http://mai-chan.air-nifty.com/ashireshi/2005/10/index.html
同じことを考えている人がいた。

とまきゅ〜紹介
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Live/9202/profile.html
色々探してたらファンサイトを見つけた。

MELLOW CLAP :: メロウクラップ オフィシャルサイト
http://www.ourhouse-net.com/mellow_clap/index.htm
いまは、ここでボーカルをやっているみたいです。元気でよかった。

MELLOW CLAP の毎日エブリデイ
http://mellowclap.exblog.jp/
ブログもあるみたいです。


posted by yknb at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | あ_アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hiro:n というアーティスト

たまにふと思い出しては消息を探してみるアーティスト、hiro:n。
昔、赤坂ブリッツかなんかでライブを聴いたとき、鳥肌がたったなぁ。

【hiro:n】hironline.com
http://www.hironline.com/history.html
ここによると、2003年以降は、メジャーでCDを出していないみたい。
でも、ライブ活動とかは続けている。歌い続けてるんだ。よかった。

aar records
http://aar-records.com/
http://aar-records.com/hiron.html
いまはここに所属しているみたい。CDは、コンピレーションとして出してた。よかった。


hiro:n (ひろん)(ヒロン) - listen.jp
http://listen.jp/store/artist_1103886.htm

hiro:n プロフィール ワーナーミュージック・ジャパン - Warner Music Japan
http://wmg.jp/artist/hiron/profile.html
プロフィールが載ってた。
北海道・室蘭で育ち、幼稚園から高校までピアノを習う。
その頃「Jackson5」の影響を受け、高校に入りキーボードとして兄のやっていたバンドをはじめ、いくつかのバンドを掛け持ちで始める。
そして、実は歌に一番興味があったため、高校3年の時TMF全国大会に2人組のユニット「ヒロポン」として出場、多大なインパクトを与える。
高校卒業後、大学進学のために上京。
この頃から鍵盤でオリジナルの曲を作り始め、本格的に歌を歌い始める。そして、2002年5月に2曲入りインディーズカセット(クリップレコードより)を発売、注目を集め同年7月にヒートウェーブ・ドライアドよりメジャーデビューを果たす。
2年間で「マーガレット」を含め7枚のマキシシングル、2枚のアルバムをリリース。
2003年ワーナーミュージックに移籍。
最近初めてニューヨークを訪れ、音楽的にも精神的にも影響を受けた。
hiro:n
http://park1.wakwak.com/~record/newpage431.htm
デモテープを持っている人がいた。いいなぁ。

posted by yknb at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | あ_アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

BUMMER STRUCK のメジャー・デビュー・シングル

BUMMER STRUCK オフィシャルサイト
http://www.h7.dion.ne.jp/~bummer/

地元に程近い広島焼き屋でインディーズ1stアルバムを購入して以来、よく聴いているロックバンドがついにメジャーデビュー。ちなみにここの広島焼き屋は絶品。

内容(「CDジャーナル」データベースより)
1960~70年代のテイストを持った3ピースの個性派ロック・バンド、BUMMER STRUCKのメジャー・デビュー・シングルは、某新型ミニバンのイメージ・ソングに大抜擢された、ドライヴ感満点のナンバー。


posted by yknb at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | あ_アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元気を分けてもらえるアーティスト「甲斐名都」アルバム「ソラシド」を発売。

以前タワレコ吉祥寺店でたまたま試聴して即買いした甲斐名都の「夕暮れワルツ」。

数ヶ月経った今でも、仕事帰りの疲れた時に聴いていたりします。
澄んだ歌声と、ほっこり暖かい歌詞が、落ち込んだ気持ちを支えてくれるような気がしてます。

「夕暮れツアー」と銘打って下北沢で路上ライブをしていたのを聴きにも行きました。

アルバム「ソラシド」が2/5に発売されました。
私はAmazonで買ったんだけれども、ストアライブ目当てでタワレコで買えばよかったかなーとちょっと後悔。

06/02/01から、ブログを始めたそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/kainatsu/

Infomationにライブ情報がどっさり。また聴きに行きたい。
http://www.kainatsu.com/index.html

posted by yknb at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | あ_アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

サディスティック・ミカ(カエラ)・バンド

伝説のバンドがカエラで甦る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060130-00000005-dal-ent
伝説のロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」が29日、人気歌手の木村カエラ(21)を“新ボーカル”に迎え、17年ぶりに復活した。キリンラガービールの新CMに起用されたもの。カエラと加藤和彦、高橋幸宏、高中正義、小原礼のオリジナルメンバー4人はこの日、横浜市内で会見し、新生ミカ・バンドを強烈アピールした。
おお、ユキヒロのドラムが聴けるのね。うれしい。

それにしても、木村カエラを起用した時点で、バンド名がちょっとおかしくなるんじゃないの。ミカがボーカルだったから、サディスティック・ミカ・バンドだと思っていたんだけれど。

posted by yknb at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | あ_アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。